HOME>オススメ情報>自分たちだけでは解決できない状態になることも

二人だけで解決できないこともある

カップル

夫婦の問題はふたりで解決すべきことも多いですが、こじれてしまうとなかなか冷静になって話をすることができなくなってしまいます。そのまま問題が大きくなってしまうことも少なくありません。そうなるとますます解決につながりにくくなり、修復も困難になっていきます。お互いの心に深い傷を残してしまうこともあるのです。親しい人はどちらかの立場に立ってしまいがちなので、冷静な判断ができないことも多いです。冷静に話を聞いてくれてアドバイスをしてくれるような第三者を探して早めに相談をしてみましょう。早いうちなら解決策も多くありますから、解決に向けて大きな力となってくれるはずです。

離婚だけではない解決方法がある

パズル

第三者への相談というと、弁護士など法律関係の相談窓口を思い浮かべやすいでしょう。しかし、法律関係の相談をすると、離婚へと直結していくのではないかと心配している方もいるはずです。しかし、調停など裁判の前に取れる手続きもあり、調停委員などを入れて話し合いをすることもできます。離婚ではなく夫婦関係修復のための話し合いの場となることもあるのです。問題が大きくなりすぎると離婚の可能性が高くなるので、早い段階でこうした解決法を利用してみるとよいでしょう。

専門家のアドバイスは必須

男女

調停などはもちろん本人でも申し立てることができます。しかし、実際にどのような問題があって何を話し合いたいのか、自分自身で整理をすることは難しいものです。相手に言いくるめられてしまったり、不利な条件で和解したりしてしまえば解決とは言えません。だからこそ、弁護士などの専門家についてもらい、アドバイスや代理をお願いしていく必要があるのです。夫婦のことを話すのは抵抗があるかもしれませんが、それが修復につながると考え、ぜひ相談から始めてみましょう。